スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャムタとカメ

雨上がりに、セマルハコガメ(背丸箱亀)が庭に来ていました。
亀

この亀は国指定の天然記念物で、普通のカメと違って頭や手足を引っ込めたときに腹甲で貝のように完全に蓋ができるのが大きな特徴です。

陸棲のカメで、水には入りません。
バーマンとセマルハコガメ

この亀をペシっと叩いて遊んでいましが、すぐに飽きるシャムたでした.

お手数ですが、クリックしていただけると、うれしいです


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

西表のさんしん屋の三線 「胴」

tiga1.jpg

胴巻き(チーガー)

私の三線は、本皮張りです。

内側の木材は、イヌマキ(チャーギ)を使用しています。




人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

うちのねこ その②

ミータ

名前はミータン。

シャムタと同じく、男の子です。

少々デリケート。

ミータ

 ぼく、ナイーブやねん・・・ 


お手数ですが、クリックしていただけると、うれしいです


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

うちのねこ

シャムタ 西表のさんしん屋
うちの猫たちを紹介します。
我が家には、2ひきのバーマンがおります。

今日は、シャムタです。

シャムタ 西表のさんしん屋

長毛で、ふっさふさです。

西表島は温暖なので、夏はちょっと暑いかも・・・。

シャムタ 西表のさんしん屋
             よろしくにゃ!

お手数ですが、クリックしていただけると、うれしいです


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三線ができるまで 「カラクイ」

八重山黒木(黒檀)の三線 奥田武作

「カラクイ」 調弦を行う糸巻きです。
八重山黒木(黒檀)のカラクイ 奥田武作

これも、素材は八重山黒木(黒檀)を使用し、一本一本手作りしています。

お手数ですが、クリックしていただけると、うれしいです


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三線ができるまで 「棹の加工」

八重山黒木(黒檀)
自然乾燥の過程を経て、棹の形に加工していきます。

棹の加工中 奥田武
一本一本、手仕事です。

お手数ですが、クリックしていただけると、うれしいです


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三線のできるまで 「素材」

八重山黒木(黒檀)の三線 作:奥田武

上の写真のような三線ができるまでを、少しずつ書いていきます。

まずは、「素材」です。

三線の音色はその棹で決まるといわれています。

私が棹に使用する主な素材は、八重山黒木(黒檀)です。

八重山黒木(黒檀)

八重山黒木は材質が重くて硬く、年月が経過しても反りや狂いの生じにくい素材です。

棹となる原木は何年も自然乾燥させ、材質を引き締めてから加工します。

素材選びや自然乾燥させる工程が、よい三線の基礎となります。

お手数ですが、クリックしていただけると、うれしいです


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三線の漆塗り (擦り漆)

ふき漆
三線の漆塗りは擦り漆です。
漆を塗っては拭き取り、乾燥させる作業を20回以上繰り返します。
乾燥中
湿度や温度を確認しながら、乾燥させます。

ふき漆
漆塗りの作業を重ねていくと、手になじむ滑らかさと、自然な艶が生まれます。



お手数ですが、クリックしていただけると、うれしいです


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

奥田武

Author:奥田武
八重山黒檀を使った三線を、細部に至るまで、一人で作っています。

連絡先はこちらです。
090-2398-9043

沖縄県八重山郡竹富町字上原749

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。