スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与那城型

与那城型

与那城型

真壁と同時代の人だといわれる、与那城の策と伝えられています。

棹は太めです。

野面が系蔵の端まで一直線です。

天は系蔵の先から曲がり、範穴はやや下方に開けられています。

系蔵は長く、鳩胸もやや大きめです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奥田武

Author:奥田武
八重山黒檀を使った三線を、細部に至るまで、一人で作っています。

連絡先はこちらです。
090-2398-9043

沖縄県八重山郡竹富町字上原749

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。